カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い 未分類
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。
拉致事件解決のために憲法改正の必要性を訴える街頭宣伝活動 in 旭川
~国内に潜む拉致共謀者を逮捕せよ!不正義の平和より正義の自衛権発動を!~


現行憲法は、我が国が第二次世界大戦の戦勝国に対し、二度と牙を向けさせない為に、弱体化計画の基礎としてGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が主導して作成されたものです。
この憲法を平和憲法と称し、憲法改正は戦後70年間の平和の歩みを壊すものだとして、一度も改正されることなく、日本国民自身が堅持してきました。
しかしながら、この憲法は、GHQ占領下に制定された経緯から、国際法違反であり無効であるという論説も存在します。

はたして、日本はこれまで、本当に平和でだったのでしょうか? 
880名以上もの特定失踪者を含めた北朝鮮による拉致事件が発生し、未だに奪還出来ない事実を思考するとき、我が国が平和であるというには、あまりに無慈悲で暴論であり、憲法9条そのものが国民を拉致被害者にした原因の一つであると言っても過言ではありません。

憲法9条は、自衛隊を国軍と認めず、陸海空その他の戦力を保持せず、国の交戦権を認めないとしています。 日本語の判る者が、真正面から憲法9条を読み取れば、自衛隊は憲法違反です。
ならば、堂々と国民に「憲法違反の自衛隊を解体するか、憲法改正で自衛隊を合憲とするか」を、問うたら良いのです。
自主憲法制定を党是とする自民党でさえも、平和安全法制整備法と国際平和支援法という小手先の対処療法によって、明らかに歪んだ憲法を解釈変更のみで逃避し続けております。
私たちは、自衛隊を国軍と明記した上で、周辺諸国民の公正と信義に信頼出来ない様々な危機に直面している今こそ、憲法改正の必要性を、2日間の日程で、旭川市民の皆様へ訴えます。 どうぞ、ご参集頂きますようお願い致します。


【日時】 平成27年10月24日(土) 14:30~16:30頃迄
            10月25日(日) 12:00~14:00頃迄

【場所】 旭川市役所前広場 (旭川市6条通9丁目)

【主催】 拉致被害者奪還道民共闘委員会

【現場責任者】 渡邊喜楽 

【問合先】(渡邊喜楽)
TEL 090-1302-0103
Eメール j-boy-tk@ezweb.ne.jp

7.5大嫌韓デモ ver5 in 札幌 ご報告

去る7月5日、在日特権を許さない市民の会、前会長桜井誠氏が、新たな枠組みとして発起した「行動する保守運動」主催「大嫌韓デモ ver5 in 札幌」と題し、
札幌市大通公園周辺で開催されました、日韓断交デモの動画が公開されました。

参加人数は、約70名
 
良いお天気に恵まれて、「日韓断交の必要性を訴えるデモ行進」を元気に開催いたしました。


ご参加された方々、応援告知動画を作成してしてくれた同志、
デモを盛り上げてくれた多くのギャラリーの皆様、
我々に反対の奇声を上げに来てくれた朝鮮人の皆様、
動画撮影とUP作業をしてくれたサンガさんを始めとする撮影者・生主の皆様、
全ての皆様へ、「行動する保守運動」桜井誠に代わりまして感謝申し上げます。
アリガトウございました!



↓当日呼び掛け文(告知文)は、コチラ↓
http://www.koudouhosyu.info/hokkaido/scheduler.cgi?mode=view&no=211

やまと新聞編集部ウェブ記者係(ウェブ記者のサンガさんが、撮影&UPして下さいました。)ほぼノーカットです。
https://www.youtube.com/channel/UCXX4KuQoLs2e9aoHIxrxd8Q

サンガさんありがとうございました!

平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ①
https://youtu.be/CQ9zIXpzi9k


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ②
https://youtu.be/az0cYlL9r4Q


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ③
https://youtu.be/0C6MzbmrvxA


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ④
https://youtu.be/XxI_HaBRB0s


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ⑤
https://youtu.be/-NGIv9r1q-w


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ⑥
https://youtu.be/_K9j6Kp5t70


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ⑦
https://youtu.be/YMiJgyZCr5c


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ⑧
https://youtu.be/VYws1P8UweU


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ⑨
https://youtu.be/r8GkgTfqd1k


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ⑩
https://youtu.be/07twnUpLGQ0



○ United Nations = 連合国
× United Nations = 国連(国際連合)

誤訳です。

United Nations(連合国)の敵国条項の敵国に我が日本国が含まれておる現実で何が国連?の意向を尊重してなどと能天気ことを・・・

私は、世界連邦が世界秩序の構築には最適であると思っております。
日本での世界連邦組織には依然として左巻きの連中が巣食っておりますが・・・だって、現会長が、横路孝弘だからw

国際司法裁判所を機軸にした秩序の構築が大事であって、第二次世界大戦での戦勝国が常任理事国となっておる連合国ではダメだと思って居ります。

世界連邦運動とは?↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E9%80%A3%E9%82%A6%E9%81%8B%E5%8B%95

警視庁「丸の内署」が誤認逮捕の可能性。

平成27年5月5日 新社会運動 代表 桜田修成 が、違法に設置され続けている経産省前の脱原発テントの撤去を求め抗議した際に揉み合いとなり、テントを守る極左の通報で駆け付けた丸の内警察署により、「胸を押すなどの暴行をした疑い」で現行犯逮捕・拘留された事件で、桜田容疑者は暴行の容疑を否認している。

誤認逮捕ではないかと騒がれる最中、逮捕されるまでの一部始終が、ノーカットでYoutubeに公開された。
抗議の電話が殺到することが予想される。

↓誤認逮捕の証拠映像↓
「ノーカット映像 新社会運動 桜田修成 2015年5月5日逮捕の真実」
https://youtu.be/JvmHC7eVIso

============================
桜田容疑者が拘留されている「丸の内警察署」
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1丁目9-2
電話 03-3213-0110

東京都公安委員会 ご意見・ご要望
https://www.kouaniinkai.metro.tokyo.jp/cgi/form/top_form/
============================

5月3日は、憲法記念日?? なので、日本国憲法の 第二章 戦争の放棄 をおさらい熟読しておきましょう。

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


私は、ずーっと前から「自衛隊は憲法違反です。」と主張しておりますが、残念ながらこれに同調するのは、決まって左翼と称される人々です。
 同じ日本語を共有しておるのに解釈が違うのは何故でしょう。
保守系の人たちは、なんてこと言うんですか?という顔をする。


自衛隊は、陸海空軍全てあります。その他の戦力も保持しています。


憲法違反だからどうする? 
ここから主張が分かれる筈です。

護憲派=憲法違反なので、自衛隊を解体、或いは自衛隊は国内救援救助活動のみとして海外派兵を認めない制限を法律で定めよう。

改憲派=自衛隊は、国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は国際紛争を解決する手段ではない目的なのであって、国の自衛権を否定するものではない。陸海空軍ではなく自衛隊であるから、憲法違反ではない。

んん??双方 ????? でしょ。

改憲派の方々!自衛隊の存在を否定する国民は、共産党の方々を含めて、殆ど居ないでしょう。ならば、勇気を持って、自衛隊は現憲法下では違反だから、憲法改正で自衛隊を合憲にし、更には戦える軍にしよう♪と、そろそろ主張してはどうでしょうか。

ちなみに、私は、「現行憲法改正に反対」です。 
手順に納得できないからです。

現行憲法破棄 → 大日本帝国憲法(自動復活)→ 大日本帝国憲法改正
 → 自主憲法制定

が、良いと思っております。

【理由】
現行憲法を改正するとGHQによる憲法草案から派生した現憲法を、日本人自身が、正式に占領憲法として受け入れたことになるからです。
   また、現行憲法改正は2/3の賛成が必要で、破棄は過半数賛成で可能だからです。
   まずは、第96条を改正して2/3規定を改めて、改正しやすいようにするなどという面倒な手法が不要になります。
そして、
第96条を改正し、改正のハードルが低くなると、売国政権が誕生したときに、現在の第9条より強烈なものになってしまう可能性があります。 自民党は戦後、徐々に国を売ってきた。これは事実です。そして、とどめに超売国政権の民主党政権が国民の意思によって誕生し、一気に国売りを展開したじゃないですか。

国際紛争を解決する手段として軍事力を使えるようになれば、拉致事件被害者を取り戻すことが出来るはずです。




<<ご参考>>
維新政党・新風 「憲法」政策方針 

http://seisaku.sblo.jp/category/215071-1.html



カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり