カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い 国士が一人居なくなってしまった・・・中川昭一さん死亡。
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。

 

■中川昭一元財務・金融相、都内の自宅で死亡
(読売新聞 - 10月04日 10:14)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091004-OYT1T00300.htm

なんと皮肉な・・・・

只々唖然とするばかりだ・・・・

国家が危機に直面しているというのに・・・・

大事な国士が居なくなってしまった・・・

stt0910041528006-n1.jpg



まずは、ひたすらにご冥福をお祈りしたい。

政治家が亡くなって、涙が出てきたのは初めてだ・・・


メールは全て読んでいたという。今回負けた選挙でも、励ましのメッセージは全部選挙事務所に貼り出されていたという。


もう、読めなくなっちゃったけどメッセージを送りませんか?

昭一さんのメールは↓ 

  info@nakagawa-shoichi.jp

 

 

 

main_pic05.jpg 





http://www.youtube.com/watch?v=6UvyrXwIOSk



昭一さんのHPの中川メッセージ
http://www.nakagawa-shoichi.jp/talk/


fj0901_nakagawa2.jpg

【中川昭一】【イメージするのは】英霊 ナカガワ 【常に最高の日本だ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8417955



中川昭一さんの笑顔(´;ω;`) 
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8419139



2_20091004k0000e040008003c_20091004222725.jpg

main_pic08.jpg

main_pic04.jpg

main_pic06.jpg

stt0910041720010-p6.jpg

中川昭一さんに関する過去ブログ記事
http://kiraku2003.blog10.fc2.com/blog-entry-75.html

http://kiraku2003.blog10.fc2.com/blog-entry-79.html



【追悼】 中川昭一発言集

・「強制連行があったのか、なかったのか分からない。中学校教科書に従軍慰安婦問題が記述されたことも疑問だ」
・歴史教科書問題をめぐる報道機関に対して「ヤコブ病で脳がスポンジ状態になっていて思考が停止している」
・省内会見場の日の丸掲揚に対する批判(朝日新聞)に対して「世界に発信する場という認識で国旗掲揚は当然だ」
・1998年にミサイルを発射した北朝鮮について「相手(北朝鮮)はまともな国ではない。気違いだと思っている」
・北朝鮮による日本への核攻撃の可能性に関し「普通はやらないが、あの国の指導者はごちそうを食べ過ぎて糖尿病ですから考えてしまうかもしれない」
・「中国は北京オリンピックを契機に経済・軍事的台頭を終える準備を進めているのではないか。日本はあと20年もすれば中国の省になっているかもしれない」
・温家宝が来日したことに対して「日本のナンバー1が行ったのに、中国のナンバー3が来るというのは、外交儀礼から言っておかしい」
・「日米同盟強化や国際貢献の観点から武器輸出三原則を緩和すべき」
・「(河野洋平氏は)自虐的な方」「外国なんか、うそでも誇りを持って(話を)する。(日本政府が)真実と思われるものを封じ込めているのは納得できない」
・「日教組の一部活動家は(教育基本法改正反対の)デモで騒音をまき散らしている」「(デモという)下品なやり方では生徒たちに先生と呼ばれる資格はない。免許剥奪だ」
・「非核三原則は国民との重い約束だ。しかし、最近の北朝鮮の核兵器実験の動向を受けて、この約束を見直すべきかどうか議論を尽くすべきだ」
・「日本は非核三原則どころか、最近は『言わせず』を加えた非核四原則、いや、『考えてもいけない』まで含めた非核五原則だ」
・北方領土・面積二等分論について「北海道の政治家として、絶対に譲れない一線。領土というのは2島と言ってしまった瞬間に、2島以上のものは返ってこない」
・「原爆投下は米国が世界ナンバーワンの軍事力を持つための実験だった」「我々は実験台にされた。アメリカに抗議し、場合によっては国会でも非難決議を行うべき」
・中国の東シナ海ガス田開発について「黙って自分の財布が盗まれるのを見ているというのは国民に対してどうなのか」

写真で見る中川昭一の歩み(毎日JP)
http://mainichi.jp/select/seiji/graph/nakagawajinin/1.html

2009年10月5日 朝刊(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009100502000051.html
1_1.jpg


【中川昭一氏死去】「おれより先に逝くなよ」
遺影に支援者 地元・帯広で(産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091005/stt0910051733011-n1.htm

【評伝】中川昭一氏 保守伸長、シャイな推進役 (1/2ページ)2009.10.5 09:54
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091005/stt0910050957009-n1.htm
「おれは子供には『おれがいつか襲われて殺されても驚くな』と言い聞かせてあるんだ」
 中川昭一氏は拉致議連会長を務めていた当時、政治家としてのこんな覚悟を語っていた。だが、死はもっと皮肉な回り合わせであっけなく訪れた。56歳という若すぎる最期には、ただ言葉を失うしかない。
 「あの件さえなければ、今ごろ昭ちゃん(昭一氏)が自民党総裁だった」
crm0910041133008-n1.jpg


【評伝】中川昭一氏 保守伸長、シャイな推進役 (2/2ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091005/stt0910050957009-n2.htm
今や保守系の諸運動は衰退期にあるようなありさまだ。その中で忘れられるか過小評価されているが、10年代の保守勢力の勃興(ぼっこう)と伸長は、中川氏が安倍氏らとともに推進役を担ったのは間違いない。


中川昭一氏産経ニュース記事一覧 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091004/stt0910041528006-n1.htm


2009.10.5 夜
今、初めて昭ちゃんに会った時の事を昭ちゃんに献杯しながら回想している。
http://omoukai.yumenogotoshi.com/simpleVC_20090409204923.html
 ↑にあるように、思い起こせば、「日本を大切に思う道民の会」活動時代の平成14年「平成の侍シリーズ第一弾」として国士である政治家をお呼びして講演会を行う記念すべき第一弾を企画開催した時が、最初の出会いだった。

左翼勢力が極めて強い北海道では、保守系の講演会が殆ど行われておらず、行き場の無い保守の若者が活動する場が殆ど無かった。

そこで、各種保守系団体の諸先輩方々にお願いに回ったが、良い返事がもらえず、新しい教科書を作る会の講演会や日本会議主催の記念行事でいつも顔を合わす青年に声をかけ、手探り状態で「日本を大切に思う道民の会」を立ち上げた。この通称:思う会は、元々日ノ本の国を語る会として札幌の隣町である北広島市で活動していた「川田ただひさ氏(現市議会議員候補(選挙浪人中))」が主催する団体を札幌を拠点とした道民啓蒙活動隊として新生発足したのだ。 まず、北海道では圧倒的シュアを誇る赤新聞の代表格である北海道新聞に保守系団体(我々)の活動を記載させるのが最初の目的だった。

にもかかわらずだ! ↑の平成の侍シリーズの第一弾を受けてくれた昭ちゃんは、なんと冒頭の挨拶で

「北海道新聞来てますね?」「北海道新聞はまるで赤旗新聞ですよね。」「こんな売国的な新聞は皆さん購読してはいけませんよ」
「会社や図書館に行けば、読めるでしょう?」「今すぐに、購読を止めて頂きたい」 と 煽ったのだ。。。。
北海道新聞の記者は、怒って帰ってしまった。。。

当然、翌日の北海道新聞には、我々講演会の記事は記載されなかったという、苦~い、思い出だった。

懇親会の席で、秘書の方に、ビールは良いが、日本酒やウイスキーは絶対に奨めないで下さいと言われた。「どうしてですか?」と聞くと、秘書は小声で「酒乱なんです・・・ビールなら大丈夫です。」と言っていた。 昭ちゃんと話した内容は残念ながら、全く覚えていないが、楽しかった思い出がある。

前にも日記で書いたことがあるのだが、昨年秋か今年の冬に、札幌パークホテルの一室で、秘書の計らい?で、一対一の懇談の席を作ってもらった事がある。↓
http://kiraku2003.blog10.fc2.com/blog-entry-75.html


10分程度の短時間面会だ。

実は、この面会の数日前に秘書から
「中川先生が会いたいと言っている」と連絡があり、何で????状態で、パークホテルに向かった。

対面すると昭ちゃんは私に対し「それで用件は何?」と言って来た。
 私は、「はぁ~????」である。 会いたいと言って来たのは貴方でしょ????と・・・ 

直ぐに察したし、後から川田君に聞いて判ったのだが、秘書は熱列な支持者を政治家本人に会わせてご機嫌を取る事があるのだそうなのだ。

とは言っても、私みたいなトンデモ野郎が、大物政治家と一対一で話すチャンスなんてそうそう無い・・・

機関銃のようにしゃべった。 思う会の講演会に呼んだことも、講演した北海道神宮の頓宮も昭ちゃんは覚えていてくれた。

昭ちゃんは、最後に「お互いに頑張ろう!」と言い残し、客であるはずの私を追い越してさっさとエレベーターに駆け込んで行ってしまった・・・ 取り残された私は唖然としながらも
「秘書!このやろう!話が違うじゃねーか、えー?おいっ!」と
文句を言いたい感情を抑えまくって、丁重なお礼を言って帰ってきた。

これが、昭ちゃんとの最後の思い出だ。

もちろん、面等向かって、昭ちゃんとは言っていない。この一対一の対談から、私の中では「昭ちゃん」になった。

「もっと、いっぱい、話しておけば良かったよ。昭ちゃん・・・」

stt0910041528006-n1.jpg

そういえば、最初は警戒していたのか、眉間に思いっきり皴を寄せて、怖い顔してたけれど、最後の「お互い、頑張ろう」の時は、あの純粋な笑顔をプレゼントしてくれた。


  
↑で紹介した「思う会」は今でも活動していて、私は便宜上相談役兼顧問をやらされている(笑) 


中川元財務大臣の訃報 地元・北海道にも衝撃(09/10/04)
http://www.youtube.com/watch?v=WfSL0r5phf8


中川昭一追悼 麻生「言葉にならない」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8420446


2ちゃんねる は 嫌いなんだが・・・2CHの330コメント
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8423976


中川昭一・櫻井よしこ 日の丸



ほど、弔電を送った。 http://dmail.foo.ne.jp/okuyami/

===============================
東京都港区元麻布1-6-21 
麻布山 善福寺    (電話)03-3451-7402
国士 中川昭一先生

昭一先生、あなたは北海道真正保守陣営の誇りであり支えでした。
先生の国を愛する心を必ず受け継ぎ覚悟を持って行動します。
長い間本当にお疲れ様でした。そして、有難うございました。先生
と出会えた事を一生忘れません。これからは、護国の神として日本
を支えて下さいね。 先生、俺、寂しいよ・・・だけど頑張るよ。
  札幌市 行動する市民団体「俊傑憂憤の集い」集長 渡邊喜楽
===============================
葬儀日程・場所は↓
http://www.jimin.jp/jimin/info/F/nakagawa.html

供花は、49日の日に、ご自宅に贈らせて頂く。






昭ちゃん、俺、とっても寂しいよ・・・・・・・・・・・・

週末に追悼街宣をします。。。。その日をもって、寂しさに終止符を打つ。


ほんとは、葬式に参りたいんだけど、野村秋介先生が生業を大事にするように言っている。
だから、休まずに働くよ。  帯広の集いにも行かない。 

中川昭一「人権擁護法案、私は消される。」
http://www.youtube.com/watch?v=WeQESTqxdYc&feature=player_embedded




平沼赳夫議員が語る 中川昭一先生の功績を伝えたい
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=l3cvLxieCL0


夫を支えます・・・中川昭一妻の覚悟 1/3
http://www.youtube.com/watch?v=xgMzP7nwrRo


夫を支えます・・・中川昭一妻の覚悟 2/3
http://www.youtube.com/watch?v=fB0oDTNeFN8


夫を支えます・・・中川昭一妻の覚悟 3/3
http://www.youtube.com/watch?v=YJpXGhl7Ot8


























【2009/10/13 01:37】 | 未分類
トラックバック(0) |

天国の中川昭一先生へ
ぱとり21改
喜楽さま、こんばんは。先程電話した、ぱとり21改です。
僕も中川昭一先生が逝去され、昨日から涙が止まりません。
こんなに日本の国を愛した政治家が、私たちの北海道の地からいたことに、どれだけの勇気をもらったか計り知れません。驚き、悲しみ、嘆きとそして中川先生のことを悪意のある報道をしてきたマスゴミに対する怒りでいっぱいです。
僕たちは、中川昭一先生の意思を継ぎ、日本を誇りある国家に再建していくことが、御霊に報いる唯一の道だと思います。最も大切な政治家を失い、最も唾棄すべき総理が北海道に生まれた、その無念を必ず我々が晴らします。
日本人の誇り、先人への思いを胸に。



No title
喜楽@管理人
この追悼日記、これからも、しばらく更新していきます。
昭ちゃんを堪能して下さい!
昭ちゃんに献杯!!!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
天国の中川昭一先生へ
喜楽さま、こんばんは。先程電話した、ぱとり21改です。
僕も中川昭一先生が逝去され、昨日から涙が止まりません。
こんなに日本の国を愛した政治家が、私たちの北海道の地からいたことに、どれだけの勇気をもらったか計り知れません。驚き、悲しみ、嘆きとそして中川先生のことを悪意のある報道をしてきたマスゴミに対する怒りでいっぱいです。
僕たちは、中川昭一先生の意思を継ぎ、日本を誇りある国家に再建していくことが、御霊に報いる唯一の道だと思います。最も大切な政治家を失い、最も唾棄すべき総理が北海道に生まれた、その無念を必ず我々が晴らします。
日本人の誇り、先人への思いを胸に。

2009/10/05(Mon) 19:55 | URL  | ぱとり21改 #-[ 編集]
No title
この追悼日記、これからも、しばらく更新していきます。
昭ちゃんを堪能して下さい!
昭ちゃんに献杯!!!
2009/10/05(Mon) 20:47 | URL  | 喜楽@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり