カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い =維新政党 新風 北海道 企画公演=  新たな軋轢を加速させるヘイトスピーチ対策法の正体
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。

13419005_1057693254306133_9042736040338278418_n_201606190108091a8.jpg

=維新政党 新風 北海道 企画公演=
 新たな軋轢を加速させるヘイトスピーチ対策法の正体

【日時】
平成28年7月9日(土) 
開場17:15 開演17:30 

【場所】
かでる2.7 1060会議室 
(札幌市中央区北2条西7丁目)

【入場料】
1000円(前売券:800円)
※前売券ご希望の場合、住所氏名をお知らせ下さい。
郵送いたします。 j-boy-tk@ezweb.ne.jp

【スペシャルゲスト】
朴信浩氏(映画監督/在日3世)
http://ameblo.jp/actfactorytopix/

【主催】
維新政党 新風 北海道本部

【問合せ】
090-1302-0103 j-boy-tk@ezweb.ne.jp
新風北海道本部事務局 渡邊喜楽

★第一部★17:45-19:05
1.舞台挨拶 朴信浩監督
2.ドキュメント映画 「在日コリアンの未来~真実は眠らない~」ダイジェスト版 上映会

<休憩>

★第二部★19:15-20:30
1.トークディスカッション「在日特権とヘイトスピーチから考える在日コリアンの未来」
2.質疑応答

=出演者予定者=
司会 俊傑憂憤の集い 集長 渡邊喜楽
朴信浩監督 
維新政党 新風 北海道本部 代表 澤田健一
そよ風北海道支部 支部長 高橋阿矢花
日本のため行動する会 幹事 高橋圭史
他、
(会場内から1名抜粋も予定しております)

※定員を超えた場合、入場をお断りする場合があります。
※主催者の意向に著しく反する方は、ご退場いただく場合があります。
※撮影および生中継が入ります、各自対処をお願いします。
=========================
映画『在日コリアンの未来 真実は眠らない』紹介映像(約10分短縮バージョン)
https://youtu.be/6hbbS600Ks0

★朴信浩(パク・シンホ)監督プロフィール★
 ACT FACTORY TOPIX(Tokyo Personalities Mix) 代表
<1963年11月18日生まれ/在日3世> 大阪府出身 近畿大学2部法学部卒業
1988年2月29日 大阪から上京。 以後、ダンス・演劇活動をアルバイトしながら精進する。2000年より映像制作に方向転換 【趣味】語学(英語 韓国語) 【特技】歌・ダンス 【好きな言葉】苦行難行
1989年3月1日-8月31日 東京ディズニーランド(クラシックオンパレード)にパレードダンサーとして出演
1993年10月-1994年1月 オリジナルミュージカル作品「ゆめゆめ闇夢夜、一人芝居ゲルピンを自らプロデュース&主演
1994年9月 古賀大造とTOPIX結成
1996年9月 韓国映画「ヤクザ修業」に村上役で出演 
1996年11月 TOPIX結成 第2作「アラビアの黒い薔薇」を中野「スタジオあくとれ」にてプロデュース&演出
1999年-2000年 初の映像作品「派遣屋日記番外編」をデジタルムービーとして制作、自ら主演、演出、編集
2001年 デジタルムービー第2作「黒の世界 It`s the Black World」を制作、自ら主演・演出・編集
2003年 デジタルムービー第3作「あほんだら~かすぅ」制作、自ら主演・演出・編集、ゆうばり映画祭にエントリー
2005年 崔洋一監督作品「血と骨」祖国防衛隊のメンバー役で出演
2008年「かん天な人」 2010年「てんせいな人」 2013年「TDZ13222」  
2015年「在日コリアンの未来 ~真実は眠らない~」  これらの作品を監督し現在に至る

==========================
【事前情報1】
トークディスカッションでは、「在日特権とヘイトスピーチから考える在日コリアンの未来」になっております。
在日特権というものが存在し、ヘイトスピーチらしきものが存在する、その前提で、日本に生まれ、おそらく日本に永住し、
おそらく子孫も日本で暮らすであろうという観点から、あるべき在日コリアンの未来(姿)を、朴監督と共に議論します。

もちろん、このテーマの中で、なぜ「ヘイトスピーチ対策法」なるものが出来たのかを含めて、取り上げていきたいと思います。
司会者(コーディネーター)としては、「新たな軋轢を呼ぶのではないか」という懸念をパネラーに投げかけたいと思います。

いずれにしても、差別という魔法の言葉に翻弄されて、表面の論理のみ先行し、
自民党から共産党に至る全ての既成政党が、「ヘイトスピーチ問題の根っこは何か」を、
一切黙殺する思考停止状態に風穴をあけるような企画公演になればと思っております。

【事前情報2】
ただいま、北海道新聞の某記者を通じ、いわゆるカウンター勢力の出演を依頼中。

【事前情報3】
北海道新聞の某記者を通じ、いわゆるカウンター勢力の出演を依頼継続中、かなり難航しておるようですが、頑張ってくれております。旭川の楢木野道新記者に依頼しようと思いましが、上層部じゃないと出演は難しいようです。なので、いつか、旭川で上映会をやりたいと思っております。朴監督に余裕があればね♪

【事前情報5】
<残念なお知らせ①>
我々陣営と意見を異にする、いわゆる反対勢力の出演を依頼しておりましたが、最終的には出演者が見つからず(選挙でお忙しい方ばかりだそうで)断念・残念。当日、希望者を募り、トークディスカッションの登壇者を主催者(司会者)の独断偏見で決めます。

<残念なお知らせ②>
当日の生放送は、表現に制限をかけずに、完全フリーなトークディスカッションが展開できるように(失言なども含め)、揚げ足を取られ悪意に利用されないための防御策として、生中継は基本中止と致します。(やるとすれば、第一部のみとします)※後日、動画はUPします。

【直前情報】
オープニング~第1部まで生中継予定です。
↓↓↓おそらくこちらでやるはずです!
http://twitcasting.tv/akas_sanga

※第2部以降の内容は後日、動画での公開となります。


★映画『在日コリアンの未来 真実は眠らない』紹介映像(約10分短縮バージョン)★
https://youtu.be/6hbbS600Ks0



カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり