カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い 5.3は、憲法記念日??なので、日本国憲法の 第二章 戦争の放棄 をおさらい熟読しておきましょう。
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月3日は、憲法記念日?? なので、日本国憲法の 第二章 戦争の放棄 をおさらい熟読しておきましょう。

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


私は、ずーっと前から「自衛隊は憲法違反です。」と主張しておりますが、残念ながらこれに同調するのは、決まって左翼と称される人々です。
 同じ日本語を共有しておるのに解釈が違うのは何故でしょう。
保守系の人たちは、なんてこと言うんですか?という顔をする。


自衛隊は、陸海空軍全てあります。その他の戦力も保持しています。


憲法違反だからどうする? 
ここから主張が分かれる筈です。

護憲派=憲法違反なので、自衛隊を解体、或いは自衛隊は国内救援救助活動のみとして海外派兵を認めない制限を法律で定めよう。

改憲派=自衛隊は、国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は国際紛争を解決する手段ではない目的なのであって、国の自衛権を否定するものではない。陸海空軍ではなく自衛隊であるから、憲法違反ではない。

んん??双方 ????? でしょ。

改憲派の方々!自衛隊の存在を否定する国民は、共産党の方々を含めて、殆ど居ないでしょう。ならば、勇気を持って、自衛隊は現憲法下では違反だから、憲法改正で自衛隊を合憲にし、更には戦える軍にしよう♪と、そろそろ主張してはどうでしょうか。

ちなみに、私は、「現行憲法改正に反対」です。 
手順に納得できないからです。

現行憲法破棄 → 大日本帝国憲法(自動復活)→ 大日本帝国憲法改正
 → 自主憲法制定

が、良いと思っております。

【理由】
現行憲法を改正するとGHQによる憲法草案から派生した現憲法を、日本人自身が、正式に占領憲法として受け入れたことになるからです。
   また、現行憲法改正は2/3の賛成が必要で、破棄は過半数賛成で可能だからです。
   まずは、第96条を改正して2/3規定を改めて、改正しやすいようにするなどという面倒な手法が不要になります。
そして、
第96条を改正し、改正のハードルが低くなると、売国政権が誕生したときに、現在の第9条より強烈なものになってしまう可能性があります。 自民党は戦後、徐々に国を売ってきた。これは事実です。そして、とどめに超売国政権の民主党政権が国民の意思によって誕生し、一気に国売りを展開したじゃないですか。

国際紛争を解決する手段として軍事力を使えるようになれば、拉致事件被害者を取り戻すことが出来るはずです。




<<ご参考>>
維新政党・新風 「憲法」政策方針 

http://seisaku.sblo.jp/category/215071-1.html



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり