カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い 在日特権を許さない市民の会 桜井誠会長退任について
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在特会桜井氏が会長退任の意向 サイトで表明、退会も (産経Webニュースより)
http://www.sankei.com/politi…/…/141111/plt1411110051-n1.html


在日特権を許さない市民の会 現会長の桜井誠氏は、一代で巨大勢力を作り上げ、在特会の名前は国会やマスコミの注目を集め、少なからずの国民に認知されるまでの偉業を成し遂げた。 
良くも悪くも、かつて保守系市民団体の中でここまで名前を挙げた団体があっただろうか。
創設当時、桜井誠氏は、既存の「行動しない保守系市民団体」へのアンチテーゼという立場を貫き、捨石になると断言していた。
「保守はデモなどするものではない!」とか、「街宣なんてもってのほか!」とか、「日の丸を掲げると右翼と間違われる!」などの批判に晒されながらスタートした在特会だったが、今となっては、日の丸を掲げながらのデモ行進、街宣活動は普通のこととなっている。 
今後、八木康洋氏が率いるであろう新たな在特会がどのような進化を見せ、「入管特例法の廃止」という会の最大目的を達成する具体的活動の為に、どのような展開を見せるのか見ものである。出来ることがあれば惜しみなく協力させていただきたいと思う。 

今月末で桜井誠現会長は任期を終え、在特会から籍も抜くと聞いている。
大体は、名誉会長とか顧問とか相談役として名前を残すのに、実に潔い。
八木氏独自の展開を遠慮なく発揮してもらいたいという配慮であろう。


桜井誠氏は、保守系の歴史に名を残す数少ない活動家であったと思う。 しばしの休養の後、新しい展開をぜひとも我々に見せて頂きたいと願います。 まずは、お疲れ様でしたとエールを送りたい。 

               平成26年11月12日 渡邊喜楽 仁拝

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり