カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い 「日韓断交デモ」の意図するものは何か。
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日韓断交デモ」の意図するものは何か。

062.jpg



私は、度々、ツイッターなどで表明しているが、「政治活動におけるヘイトスピーチは有りだ!」と言っている。

では、ヘイトとは何だ? 
 
ヘイト・・・「憎悪表現」又は、「憎悪を煽る表現」と訳すらしい。 
え??憎むべき悪に対して、憎悪表現はダメなんですか?
だったら、しばき隊なんぞは、特定の我々陣営に対する憎悪表現の象徴だよな~・・・ 

他に「ある個人や集団を、人種(民族)・国籍・性といった先天的な属性、あるいは民族的文化などの準先天的な属性、あるいは宗教などのように人格との結び付きが密接な特別の属性で分類し、それを有することを理由に、差別・排除の意図をもって、貶めたり、暴力や誹謗中傷、差別的行為を煽動したりするような言動のことを指す」とある。

何も攻撃してこない相手に対し、闇雲に上記を言動するなどと言うのは、通常はありえないから、このような定義になるのです。なるほどなるほど、そうだとしたら、十分理解が出来る。

では、思考してみよう。

活動において、特に戦後は、韓国やシナにより、在りもしない歴史を捏造されて、それを元に、ゆすりタカリ三昧の、それこそ「ヘイト」してくる輩に対して、ヘイト(憎悪)で対抗するのは、至極当たり前のことであると私は思う。 対価である。

これが個人レベルになると、「それはないだろう!良い朝鮮人も、良いシナ人も居るぞ!」となるだろう。しかし、我々がやっているのは政治運動、政治活動である。
だから、最初に言った政治活動では「ヘイトスピーチは有りだ!」と言っているのだ。

活動における手法として「良い朝鮮人は問題ないが、悪い朝鮮人はブチ殺せ!」という曖昧な文言はありえないのであります。

「良い朝鮮人も、悪い朝鮮人も皆殺しにしろ!」 
これがあって、初めてプロパ、効果が有るのであって、これには「なんで良い朝鮮人も殺すの?」という疑問効果があり、人は関心を示すのであります。
しばき隊の登場による我々陣営に対する影響は多大だ。それは認める。
と、同時に、行動する市民団体の脆弱が露呈しているのだとも言える。

「差別をするな!」と言われたら、「差別じゃない区別だ!」と反論するものが居る。

しかし、我々人間社会は、差別と表裏一体である現実の社会に生きて居るのであって、決して善言美詞の祝詞の世界に生存しているのでは無いはずである。

残念ながら、差別はいけないとする概念は、常に差別意識の感覚によって人間生活が支えられていることの裏返しであるから、このことは、素直に「私は差別して生きている」で良いのではないかと思う節が多大にある。

だから私は、日頃から「私は差別主義者です」と堂々と言えるのだ。

仲間に身体障害者が居る。 そいつが車に乗るのが大変そうだったから「手伝ってやろうか?」と言ったら「テメー!俺を差別するな!」と言われた。
私は、彼を差別しているから、手伝ってやろうか?という感情になった。
彼は、私に対し、差別するな!と言った。 判るかな? 差別云々とは、そういうことなのだ。。。

差別意識が潜在的にあるから、「差別の無い世の中に!」となるのであって、逆説的には差別があるものなのだ。

差別はいけないか? 差別観念が無い世の中なら、弱者に優しい環境なんて出来るはずがないのである。

で、本題の「日韓断交デモ」の意図するものは何か。 を説明したい。

1. 日韓断交の必要性を国内に説いても、肝心要の政府や多くの平和ボケには馬の耳に念仏。

これが、全てである。 日韓断交したい!その一念で、活動するならば、対象は頭のおかしい朝鮮人に矛先を向けるのが良い!というのが、私の持論であります。 はなから日韓断交できるはずがないと思っているからビビルのだ。

特に新大久保でのデモは、必ず韓国政府がチェックしているのは明確なのだし、ここ北海道でも、韓国領事館などでは、我々の行なうデモに関してチェックしているのであるから、
関心を持つ敵が目の前に居るのに、きれいごと、善言美詞をもってケンカを売るなど笑わせんな!ということ。 
要するに「日韓断交デモの最大の目的」は、<<韓国国内から、韓日断交の声を挙げさせること>>に他ならないのである。

もう一度!【「日韓断交デモ」の意図するものは何か。】それは、
<<韓国国内から、韓日断交の声を挙げさせること>>
に他ならないのである。

ならば、いかに早く、即効で、お国柄の「火病」を起こさせるかがターゲットであるのだから、いかに酷い言葉を浴びさせるかが、効果というものだ。

簡単に言うと「敵が目の前に居るのに綺麗な言葉でケンカできねーだろ」
と言うことだ。 それは、なんと!「しばき隊とやらが、体を張って、証明くれているのである」

戦後、60年余り、「日本人の誇り」とやらを楯に、キレイゴト運動は、「効果のない運動を今まで展開してきてしまった」「効果が無かったからこんな状態になった」と見るべきでしょう。
戦後初めて、日本人の誇りと言う善言の元に我が日本人が、どれだけ諌められて来たかを思考すれば「下品なものをやってみても良いのではないか!」と思う。

その効果の評価は、同じく60年余り経過してから、心ある憂国の志士達が、思考してやれば良いのである。

いま現在、ヘイト?とか、レイシズム?と、我々を断定して、反抗勢力が行動を起こしても、私は、「ブチコロセ!」を、今後も連発するだろう。 

そうなれば、カウンターなどでは阻止できない。
それこそ「私をブチ殺さなければ終わらない」と断言しておく。


レイシスト反対!と叫びながら、ヘイトクライム
(憎悪犯罪。人種・セクシュアリティ(同性愛)・宗教などを理由に、危害を加えること。それにより命を奪われる事件も米国では頻繁に起こるが、日本でも新木場事件などのヘイト・クライムが起こっている。)
に走る輩の矛盾と言うものをみて見たいんだなwww

まあ、頑張れ!と言うことだw 

刺しどころが急所だったら、私なんか、簡単に殺せますよ~
人の命は儚いんだよ。重くねーの。
 


1860708.jpg



6・22全国一斉日韓国交断絶行動in北海道④
http://youtu.be/ONVsDzomxK4


















【2013/09/04 22:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり