カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い 2月後半~活動ご案内の巻。
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.19★拉致問題を考える道民集会★
~拉致はテロだ!北朝鮮による拉致被害者を一日も早く救出しよう!~

北朝鮮による拉致問題に関する道民の認識と理解を深めるため、北海道と政府拉致問題対策本部、北朝鮮に拉致された日本人を救出する北海道の会(救う会北海道)との共催により、次のとおり道民集会を開催します。(入場無料)
集会では、「北朝鮮による拉致問題の解決に向けて~北海道の特定失踪者問題を考える~」をテーマに、拓殖大学の眞鍋教授と北朝鮮による拉致被害者家族連絡会事務局の飯塚次長に講演していただきます。
また、開場後すぐにDVD「拉致 私たしは何故、気付かなかったのか!」の上映も行います。
参加をご希望の方は、住所、氏名、年齢、電話番号を明記のうえ、下記申し込み先まで、FAX、メールまたは電話でお申し込みください。

【日時】平成24年2月19日(日)14:00~16:00(開場13:20)
【場所】京王プラザホテル札幌 3階「扇の間」
    札幌市中央区北5条西7丁目2-1
【講師】眞鍋貞樹氏(拓殖大学大学院地方政治行政研究科教授)
    飯塚耕一郎氏(田口八重子さんの子/北朝鮮による拉致被害者家族連絡会事務局次長)
【定員】180名
【主催】政府拉致問題対策本部/北海道
    北朝鮮に拉致された日本人を救出する北海道の会
【申込み・問合先】
北海道総合政策部知事室国際課国際企画グループ
TEL:011-204-5113 FAX:011-232-4303
Eメール:somu.kokusai1@pref.hokkaido.lg.jp


2.19★自主憲法制定集会(仮称)第1回実行委員会★

来る平成24年5月3日(木・祝)、自主憲法制定集会を開催したいと思っております。そのため、実行委員会を組織し、開催に向けて準備を進める予定です。
第一段階として、2月19日(日)の「拉致問題を考える道民集会」終了後、実行委員会を開催します。
「日本人による日本人のための憲法制定」にご賛同いただける方で、ご都合の良い方は、ぜひ実行委員会にご参加いただき、集会開催の準備をお手伝いいただければと思います。事前申込は不要ですので、お気軽にお越し下さい。

【日時】平成24年2月19日(日)17:00~
【場所】かでる27 330会議室
    札幌市中央区北2条西7丁目
【主催】自主憲法制定集会実行委員会事前準備委員会
【問合せ】川田ただひさ事務所
    電話・FAX 011-894-9191
    Eメール info@kawata-tadahisa.com


2.24★第20回戦争体験を正しく伝える会★

【日時】平成24年2月24日(金)13:20~15:30
    ※平日になります
【場所】厚別区民センター(視聴覚室)
    札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-14
【講話者】伏見一様(昭和3年生)

 こんな事もあるんだ?と思う程の奇妙な流れで軍属(無線通信士)から強制的に軍人(昭和20年6月二等兵)になり終戦と同時に軍属に復帰。強制労働は、フランス軍管理、メコン川にて港湾作業など。昭和21年6月復員。
 北海中学を中退して東京の無線通信学校に入学。昭和19年、卒業して航空運送会社に入社し暗号無線訓練を受ける。昭南島(シンガポール)へ赴任する途中フィリピン沖で僚船が魚雷攻撃で沈没し1隻だけ到着(赤十字・の船も沈められた?)。
 昭南島(シンガポール)から転属で飛行機でフィリピンに着いた途端に此処は危険だとすぐ追い返され、フランス領印度支那(ベトナム)へ。
 サイゴンで終戦。日本軍がいなくなるとフランス軍が再び植民地にする為に戻って来るだろうと郷土防衛軍に入ってくれるよう現地人に頼まれる。条件は給料が3倍、村長の娘を嫁にすること、別の嫁をもう1人付けるといわれる。かなり粘られたが断った。
 敗戦という複雑な思いで現地に残った人が大勢いたようだ。


2.26★竹島は日本固有の領土である!絶対奪還!★
~日本政府は直ちに竹島を取り返せ!~

竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土である。韓国によって国際法上何ら根拠がないまま不法占拠が行われている。当然、島根県だけの問題ではない!北海道民も怒りの声を挙げるぞ!

【日時】平成24年2月26日13:30~15:00
【場所】札幌市中央区北2条西11丁目(駐札幌韓国総領事館) 
【主催】在日特権を許さない市民の会 北海道支部
【協賛】俊傑憂憤の集い/そよ風北海道/北海道拝害社
【現場責任者】藤田正論(北海道支部長/副会長)
【生中継】未定
【問合せ】北海道支部問い合わせメール zaitokuhokkidou@gmail.com
【注意】当日は撮影が入りますので各自対応お願いします。
    日章旗・手作りプラカード大歓迎。
    街頭活動終了後、駐札幌韓国総領事館(北2西12丁目)へ抗議文を投函しに行きます。



3.11★東北地方太平洋沖地震に伴う募金活動★

昨年3月11日14時46分頃、東北地方で観測史上最大のM9以上の強い地震があり宮城県や福島県に留まらず太平洋沿岸の広域に渡って壊滅的なダメージをうけました。多くの方が被災し、何万人もの尊いお命が失われている状況です。私たち在日特権を許さない市民の会の会員も未だに生活がままならない方が多くおります。札幌に住まう我々に出来る事は本当に少ないですが、未だ生活の安定しない被災者の皆様に少しでも役に立つように募金を集めることに致しました。これは会としてではなく、一日本人として何ができるのかと自問自答した結果の行動です。いつもの街宣とは趣を異にしますがご了承下さいませ。

【日時】平成24年3月11日(日)
【場所】札幌市中央区
【主催】在日特権を許さない市民の会 北海道支部
【協賛】俊傑憂憤の集い/そよ風北海道/北海道拝害社
【現場責任者】藤田正論(北海道支部長/副会長)
【生中継】未定
【問合せ】北海道支部問い合わせメール zaitokuhokkidou@gmail.com
【注意】
一日本国民として国難に対する時に個人も会も関係無いと思っていますが、責任の所在をはっきりとさせるため、在日特権を許さない市民の会北海道支部として募金活動致します。
また、当然のことながら頂いた募金は藤田支部長が責任を持って義援金宛に送金致します。



【2012/02/15 12:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり