カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い 今年のお盆は東京に遠征です。
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※何人かの方々から、何かあったんですか?と、ご心配の連絡を頂きました。
 昨年退院してから、約一年経ったんだと思うと、色々な方々とのご縁で生かされているんだよな、と感じて、
 この一年を振り返ったときに、久しぶりに雑感をメモ的に書いておこうと思っただけで、他意はまったくありません。
が、いろいろとご迷惑や誤解を招いてはいけないので、最初に書いたお名前・団体名などは伏せさせて頂く事にいたしました。



今年のお盆は東京に遠征です。

昨年5月下旬、くも膜下脳動脈瘤破裂による緊急手術で痛い思いをし、7月上旬に退院。
絶対安静の自宅療養に飽きて、鬱になりそうな自分が嫌で、無理矢理に職場復帰したのが、7月中旬。
これまで、色々な邪念と闘いながら、体力をつけることを最優先にしてきた。
お蔭様で様々な方々のお力沿いで、あれから約一年、どうにかこうにか生きておる。

こんな私目に、お付き合い下さる各方面の同士、同志、師友の皆様、
文句の一つも言わずに、賛同してくれる親父とお袋。
これが運命と言い聞かせて我慢する一人娘、樹子。

今まで私の人生に影響を与えてくれた様々な方々へ感謝の気持ちで一杯であります。

さて、私は、今月13日~16日、3泊4日の日程で、上京することにした。

靖国神社に祀られる御英霊に感謝の意を申し上げ、今後の自分を見極めるためである。

とは言いつつも、折角、上京するのだから、色んな物を見たいという気持ちもある。
だから、90%は観光でありますw
残りの10%を自分の生き方を考える貴重な時間にしたいと思うのであります。

きっちりと死ぬために生きておる。。。と、言い聞かせて居るはずなのに、どうやら、得体の知れぬ「迷い」が私の心を支配しているのでありまして、この得体の知れぬ何かは何物なのかを知りたいと思うのであります。

いつの時代も人間社会は、混迷の歴史でありますが、そろそろ是々非々の世界を追及する努力を始めたいと思う心の裏返しであるような気がしてなりません。

保守は何を保守して保守なんだろう。
伝統文化を重んじる保守は、何を伝統として、何を文化として、何を継承しようとしているのだろう。
立憲君主制の頂点である天主様を単なる現行憲法上の象徴として崇めるのが天皇陛下の御存在意義なのか。
行動することと、思想を探求することに矛盾は無いか。

夏井顧問は、現在進行形で精一杯やっておるだろう。

命の燃やし方。。。 超究極の自己満足、一歩間違えれば自己陶酔。

自分を見極めることの大事。 そんな時空があっても良いじゃないかと甘んじてみるお盆休みになりそうだ。

 IMG_0728.jpg


平成23年8月9日           俊傑憂憤の集い 集長 渡邊喜楽 仁拝












【2011/08/09 22:03】 | 未分類
トラックバック(0) |


通行人
大変申し訳ありませんが、批判させていただきます。

何でも有りの酷い文章ですね。
見ていると、確固たる自分の居場所が無い。
自分の居場所を列挙しているつもりで、本当に自分を相手をしてくれる人間は、極狭い範囲にしか居ない。
そんな文章に見えました。

普段は、民族派の方々を批判しているらしいですが、如何にも民族派みたいな振りをしていますよね。
内容は置いておいたとしても、野村先生や蜷川先生の名前を出す文章は、誤字の確認位はしたほうが良いと思います。

通行人さまへ
喜楽
ご批判、ご指摘、ありがとうございます。
本当に酷い文章ですね、いつも、そう思います。

すみません。

民族派とはどういうものなのだろう、保守とはどういうものなんだろうと、いつも思考しているのは確かです。
ですから、私自身、民族派だとも思っていませんし、保守派だとも思っていません。

民族派の方々の批判はしておりませんよ。
 
民族派の振りとはどういうことなのか意味が判りません。

このブログは、お知らせと雑感などを含め、
その時々の私の心の置き具合を後から観察するための自身のメモ代わりとしても使って居ります。ですから、不快な思いをされる方々もいらっしゃると思います。 

申し訳ありませんが、お許し頂けると幸いです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
大変申し訳ありませんが、批判させていただきます。

何でも有りの酷い文章ですね。
見ていると、確固たる自分の居場所が無い。
自分の居場所を列挙しているつもりで、本当に自分を相手をしてくれる人間は、極狭い範囲にしか居ない。
そんな文章に見えました。

普段は、民族派の方々を批判しているらしいですが、如何にも民族派みたいな振りをしていますよね。
内容は置いておいたとしても、野村先生や蜷川先生の名前を出す文章は、誤字の確認位はしたほうが良いと思います。
2011/08/10(Wed) 01:10 | URL  | 通行人 #-[ 編集]
通行人さまへ
ご批判、ご指摘、ありがとうございます。
本当に酷い文章ですね、いつも、そう思います。

すみません。

民族派とはどういうものなのだろう、保守とはどういうものなんだろうと、いつも思考しているのは確かです。
ですから、私自身、民族派だとも思っていませんし、保守派だとも思っていません。

民族派の方々の批判はしておりませんよ。
 
民族派の振りとはどういうことなのか意味が判りません。

このブログは、お知らせと雑感などを含め、
その時々の私の心の置き具合を後から観察するための自身のメモ代わりとしても使って居ります。ですから、不快な思いをされる方々もいらっしゃると思います。 

申し訳ありませんが、お許し頂けると幸いです。
2011/08/10(Wed) 10:42 | URL  | 喜楽 #LW7Vi94Q[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり