カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い 松涛館流古流空手(日本空手協会)の組手が寸止めの理由
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松涛館流古流空手(日本空手協会)の組手が寸止めの理由

空手は元々、琉球王朝沖縄首里城内部でのみ伝承されていた国王を護衛する為の秘儀であったとされる。  事実上の開祖である船越義珍先生 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%B9%E8%B6%8A%E7%BE%A9%E7%8F%8D が日本本土にこれを広めたとされます。

寸止めでなければ、殺してしまう破壊力をもつ一撃必殺の技を日々鍛錬している者同士が組手をすると、本当に死んでしまうため、このルールが考案されたのであるが、ヒットする寸前に止めるというのも大変な技術を要します。 寸止めといっても、試し合いになると多少はヒットします。

多少のヒットでも破壊力があることが判る動画がこれ↓
http://www.youtube.com/watch?v=grLosUI_TTk&NR=1




今日は、協会札幌菊水支部の副支部長であった先輩が浜益支部の傘下に入り石狩分会として石狩花川に設立した道場の新春初稽古。 良い汗を流して、稽古後にススキノで行われる新年会で美味しいビールを流し込みます(笑)

<おまけ>







【2011/01/22 08:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり