カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い 綱渡りの綱は何処だーーーーー
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。
糞選挙運動が終わった。

本日、投票。 そして即日開票。。。

「皆さんの声を国政に届けさせてください」

「皆様のご期待を一身に背負って頑張って参ります」


それに対し、手を振ってやがる国民。

「お手を振ってのご声援、ありがとうございます!○○は、しっかり受け止めました!」
なーんて返答しやがるウグイスと候補者。

国民主権だから、民主主義だから、投票に行け! と 莫大なCM料を投入する。

投票に行きたがらない国民に行けと促す為に血税を投入する民主主義の摩訶不思議。

愚民の投票によって選ばれる政治家だから愚かなんだろう?
違うか~?違わないんだよ。 

当選した愚かな政治屋は、悪い事をした時に
「国民に選ばれたのだから、バッジは外しません。責任を全うしたい」等と、
国民に選ばれたのだという事を強調し、責任を逃れようとする。

今回は、期日前投票に行ったのだが、今回も残念ながら、選挙区には、一票を投じたい候補者が居なかった。

売国政党をノサバラセル事が嫌なので、涙を呑んでアイツに入れたのだ。

一票を投じたくて入れた票も、嫌々入れた票も、表向きは何にも変わらない一票だ。
価値は同じだ。候補者には伝わらない。

私の投じた一票は、間違いなく 糞票であるにも係わらず。 
当選すれば、その候補はアリガタがるんだよ。 そんな票を投じた私も間違いなくウンコである。


投票締め切り直後には、競って当確を出す放送局。競わなくたっていいだろうよ別に。

糞開票で、また各党、各政治屋は、右往左往するんだな、きっと。

そして、糞開票速報を見て、国民も右往左往するんだろ、きっと。


心ある同士よ! 国民総戦後体制は、すっげー強い奴なんです。。。
私達の闘いは、きっと、死ぬまで終わりませんから心配無用です。じっくり構えましょう!

と、自分に言い聞かせてみた。 たちあがれ俺!


国民のみなさーん! 早く投票してくださ~い! 
先着100名様に「電動コケシ」が貰えま~す!



http://www.youtube.com/watch?v=L31OvDsxV-w&playnext_from=TL&videos=lBiAP2MrI_k

「ムカウベキは・・・」この人間の命題にぴんきぃと夏威辰徳は『自己』と喝破する。「耐え切れぬ誹りを受けては項垂れる、それが自惚れ」と、+も-も自惚れであろう。CD「全身刺青の老人と真白い少年の自転車のギア比」のメイン作品とも言える大作。




※業務連絡
カノ君は、綱渡りの綱を探せ!







【2010/07/11 00:59】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり