カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い 頑張れ!桜井誠!俺達も頑張るぞ!
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月28日、北海道青年フォーラムに参加してきた。

昨晩、在特会という集合体の在り方を否定的に思っている方のご意見を宴会の場(フォーラム終了後の直会と西部邁先生の直会合流時の場)であるが伺った。

「否定的に思っているその理由」

1.在特会に参加する者の多くは天皇陛下を戴く国家という保守の最低限の概念を持っていない。

2.見せ掛けのナショナリズムであって、そこには大事な思想が備わっていないから、過激に走り続けないと運動が持続しない。

3.ネット右翼から運動に入るのは良いが、日本の国家形成の根底に必ず必要なコミュニケーションが取れていないから、従って、希薄な人間関係で問題ないというスタンスが横行する。

4.コミュニティの大切さという気持ちが稀薄なために、仲間であっても無関心が多い、気配りが出来ない、主張はするが聞く耳を持たない、会話が出来ない。インターネット上での議論は結果的には一方通行の発信である。

沢山話をしたが、要約すると上記にまとまる。
これは、私も感じている所だ。

昨日、青年フォーラムに参加された方は、私がどなたとお話したかは解るでしょう。 
 そうK先輩だ。


在特会会長・桜井さんは、上記の指摘にあたらない、国家概念の根底をちゃんと判って敢えてやっているし、在特会の名前もプロパガンダであって、憂国運動展開の窓口としているだけであるとお伝えした。
コミュニケーションが取れない会員をちゃんとした形で育てて行くのは、
桜井さんの思いを理解し、疑問が生ずれば桜井さんご本人とコミュニケーションをとり、消化し、会員に伝播させる全国各支部の仕事であるから、桜井さんはあれで良いと思っているし、私は支持する。 
眠っている者たちを現実の世界に引きずり出すような作業を、保守派又は民族派が日本覚醒運動の志士を発掘する作業をトコトン怠ったて来た結果のツケが余りに大きい事と、信念を曲げずに憂国運動を進化させながら展開してきてくれた野村先生、阿部先生をはじめ、一水会等々の新右翼の諸先輩方々には感謝している旨をお伝えした。
結局、其々の団体・個人が、あらゆる方法で、様々な角度から運動を展開しなければこの国は、日本じゃなくなるという事で一致し、お互い頑張って行こうという事になった。

コミュニケーションを正しく積極的にとらないと、同じ方向を向いているのに、批判しあいっぱなしで終わる。誤解が誤解を生む。
なるほどと思えば素直に反省もするし思考もする。
そういう意味では、今回の会談は、実りあるものになった。

真剣に運動する現在進行形の先輩達には、自ずと耳を傾けられる思考材料になるが、口先だけの実行が伴わない先輩に対しては、それこそ野村先生の詩のように「俺に是非を説くな」と言いたくなる。

ということで、昨日のマトメとしたい。

頑張れ!桜井誠!俺達も頑張るぞ!

【速報11.28対決】やっぱり逃げた!民団と白眞勲【外国人参政権反対】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8945443




【2009/11/29 15:59】 | 未分類
トラックバック(0) |

在特会
草の根
東京で在特会主催ではありませんが、在特会の人が一般のデモに参加しているのを直接見ました。
私が言うのもなんですが、主催者が手の届かない、最後尾で隊列の整ったデモ行進をやってました。

在特会には、こういう好意的な評価をしているコメントもあります。

>街宣のやりかたでうまいなと思ったのは在特会(在日特権をゆるさない市民の会)です。
あの方々の街宣は,とにかく新しく参加された方,一般聴衆,一人で参加されている方,女性陣を一番良い場所に集めて,あとの常連たちは邪魔にならないように後ろに控えています。そして何か起こった時に前に出てくる感じですね。
並び方もきれいに整列しているので,どこから見ても状況がよくわかります。
わたしは在欧生活の中で様々なデモ,街宣を見たり,参加したりしてきましたが,意外にも,在特会のフォームが洗練されていることに気づきました。
「そよ風」もそれを手本にしているようです。

No title
よもぎねこ
 ワタシが在特会に参加したのは、当に在日韓国人の異常な姿とそれを容認する現在の日本社会に違和感を感じたからです。
 そして現在は外国人参政権が実現しかねない状況で、本当に日本の主権が危機的になっていると感じています。

 だから元々の自分自身の思想信条から言って、西部邁先生などと一致しないところも沢山あります。

 しかし今は本当に危機的な状況で、外国人参政権阻止も時間勝負です。
 だからこの最どんな立場からであれ、これを阻止したい人達が団結するして、有効な戦略を持って行動しなければならないと思っています。

 日本の主権が失われたら、日本に対してどのような思想や心情を持っていても、完全に意味がなくなるのです。

 その点から言えば、今この在特会に対する評価云々を議論される西部先生の対応は非常に残念です。
 本来から言えば先生のように、知名度もありまた保守の運動に経験も長いお方には、多くの団体を上手くまとめてリードしていただきたいのですから。



よもぎねこ様
喜楽@管理人
いつもお世話になっております。

文章表現が下手糞で誤解を与えてしまったみたいですね。
スミマセン。

西部先生との会話で、そのような展開になったのではなくて、K先生との会話でそうなりました。

実は、フォーラムの講演の中で、K先生は、現在日本の社会的病魔は、日本人同士のコミュニケーションの欠落から来ている(お隣の家にどんな人が住んでいるか判らない、判らなくても良いんだ、というというような・・・)
この現象は、ネットという環境も後押ししているのではないか。
だから、我々民族派と自称するものは特に、この欠落した部分の再構築に手をかけなければいけない云々とお話されてことから派生して、直会の場では、今売り出し中の在特会の例を上げてお話をさせて頂いた事を私なりに消化して要約しました。

誤解を与えてしまい申し訳ありません。

在特会は大所帯ですから、ここら辺を蔑ろにすると、
思想破綻・論理破綻した左翼どもと同じ道を辿る様な気がしてならないので、ブログ公表しました。

                       渡邊喜楽 拝




草の根さま
喜楽@管理人
いつも、ありがとうございます。

会長・桜井誠を目指しているものを、会員自身がちゃんと理解できるかどうかだと思います。
会長の行動の殆どは、計算された上での行動です。
会長が一々会員に教育統率するには余りにも大所帯になった。
だからこそ、傘下の各支部が会長の意図を出来るだけ正確に把握して実際の活動の場に出てくる末端に伝播していく事が大事であると思うのです。

会員其々に個々の思いがあるのでしょうが、会長が在特会のヘッドである以上、会長のどこまで付いていけるかだと思います。思いが違って付いていけなくなったら、自分で自分の思う行動を自らやれば良いと思っています。

ゆるーい繋がりなんぞ、門戸を広げるためのプロパです。
気が付いたら、コミュニケーションです!大事大事!

邁進しましょう!!

                      渡邊喜楽 拝

No title
匿名
桜井氏と言えば、千代氏と健康食品の件で協力している瀬戸氏の盟友でもありますね。貴殿は瀬戸氏は千代氏との健康食品の件も含めて、敵対勢力から袋叩きにされていることをご存知か?千代氏が逮捕されたことについて瀬戸氏は不気味な沈黙を保っていますが、それもまた貴殿が言うところの千代氏が愛してやまない悪魔と関係あるのでしょう。瀬戸氏と対立している連中が、"何故か瀬戸氏だけを避けるように"瀬戸氏周辺の人々と裁判沙汰を起こしています。このことを疑問視しない運動家はいずれ失脚せざるを得ないでしょう。何故なら、敵の工作に無頓着だからです。経済的な諸問題のために、運動は崩壊の憂き目にあります。カネのためにつかなければならないウソがある。カネのために隠さなければならないことがある。誰かが意を決して沈黙を破るとき、その時が来るとすれば、それはもう何もかも手遅れになったときでしょう。誰だって自分がかわいいのですよ。正直者はバカを見るのです。それが世の常。

匿名さま
喜楽@管理人
はじめまして、渡邊と申します。
匿名さまの書き込みは、私に対してのレスですよね?
開放しているので書き込みは、自由ですが、礼儀を知らないお人ですね~。 その時点で不愉快です。

瀬戸氏と千代氏 瀬戸氏と桜井氏がどのような関係なのか、私は知りません。 

大体、袋叩きにあっているというのは、ネットの世界ですよね?

せいぜい、妄想を膨らませて楽しんでくださいねっ。
お疲れ様でございます。

                         渡邊喜楽 拝

No title
よもぎねこ
 ワタシは渡辺さん達と違い、つい最近まで全然政治には興味は無く、ノーテンキそのもので暮らしてきました。 
 正直言って自分が政治活動に興味を持ち、大通り公園でアジ演説をする日が来るなんて、この半世紀を越える人生で想像した事もありませんでした。
 でもこんな危機的な状況では仕方がありません。

 しかし在特会のメンバーは大体ワタシのような人が多いでしょう。 西部先生のような方から見れば欠点だらけ会ですが、簡単に誰でも入会できるのです。
 逆に言えば普通のノンポリ人間が簡単に参加できる保守系の会など殆ど知られていないのです。

 しかし民主主義は数が勝負です。 選挙は勿論、デモも請願書の送付も数が集まればそれが力になるのです。
 だから西部先生のような方から見れば、馬鹿でもアホでもおだてて誤魔化してでも数を確保して置くことは非常に大切だと思うのです。

 しかし見ていて思うのですが、保守系の団体は驚く程ナイーブです。 小澤一郎や左翼の狡猾さには到底適わないのではないかと非常に不安になります。

 純粋に日本の国体を守りたい方から、単純に民主主義の立場まで意見や立場の違いはあっても、外国人参政権に反対する人は、数千万人いると思います。
 しかし指導者がいないので烏合の衆です。 ワタシ自身何をしたら良いかわかりません。

 本来この人々団結すれば、いかに小澤でもこんな話はおくびにも出せなかったのです。 個人個人の意見の違いを超えて、外国人参政権に反対する人を全て結集して指導してくださる方はいないのでしょうか?
 そのような方の出現を切に希望します。
 
 

よもぎねこ様
喜楽@管理人
ご返信ありがとうございます。

そうですね。おっしゃっている事は良く判ります。
私もそう思います。なので、いつも、色々なジャンルの者たちが様々な角度から、あらゆる手段を投じて問題を周知徹底し、糾弾する努力をしなければならないと思っております。
だから、在特会のやり方はあれで良いと思っております。
フリーチベット運動が一過性の運動であったことを考えるとやはり、ちゃんと腹の据えられる思想があって、継続できるのかなと思います。
在特会の活動は、会長自身がしっかりと、憂国の情を腹にすえているから、後は、会員が会長を何処まで理解できるかで、今後の運動展開が変化していくと思います。
会長は、腹を決めてくださいよというメッセを発信しています。
真・保守有志の会北海道は、今までに無い求心力を持って、北海道中の保守の結集を呼びかける運動体を構築して行くのが目的です。 これからも、一生懸命に邁進しますので、何卒、宜しくお願いします!!

                      渡邊喜楽 拝


よもぎねこ様へ 追伸
喜楽@管理人
真・保守のリーダーは、もう、平沼先生、西村先生しかいないでしょうね。 中川先生が居ないから・・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
在特会
東京で在特会主催ではありませんが、在特会の人が一般のデモに参加しているのを直接見ました。
私が言うのもなんですが、主催者が手の届かない、最後尾で隊列の整ったデモ行進をやってました。

在特会には、こういう好意的な評価をしているコメントもあります。

>街宣のやりかたでうまいなと思ったのは在特会(在日特権をゆるさない市民の会)です。
あの方々の街宣は,とにかく新しく参加された方,一般聴衆,一人で参加されている方,女性陣を一番良い場所に集めて,あとの常連たちは邪魔にならないように後ろに控えています。そして何か起こった時に前に出てくる感じですね。
並び方もきれいに整列しているので,どこから見ても状況がよくわかります。
わたしは在欧生活の中で様々なデモ,街宣を見たり,参加したりしてきましたが,意外にも,在特会のフォームが洗練されていることに気づきました。
「そよ風」もそれを手本にしているようです。
2009/11/29(Sun) 20:42 | URL  | 草の根 #-[ 編集]
No title
 ワタシが在特会に参加したのは、当に在日韓国人の異常な姿とそれを容認する現在の日本社会に違和感を感じたからです。
 そして現在は外国人参政権が実現しかねない状況で、本当に日本の主権が危機的になっていると感じています。

 だから元々の自分自身の思想信条から言って、西部邁先生などと一致しないところも沢山あります。

 しかし今は本当に危機的な状況で、外国人参政権阻止も時間勝負です。
 だからこの最どんな立場からであれ、これを阻止したい人達が団結するして、有効な戦略を持って行動しなければならないと思っています。

 日本の主権が失われたら、日本に対してどのような思想や心情を持っていても、完全に意味がなくなるのです。

 その点から言えば、今この在特会に対する評価云々を議論される西部先生の対応は非常に残念です。
 本来から言えば先生のように、知名度もありまた保守の運動に経験も長いお方には、多くの団体を上手くまとめてリードしていただきたいのですから。

2009/11/30(Mon) 22:31 | URL  | よもぎねこ #-[ 編集]
よもぎねこ様
いつもお世話になっております。

文章表現が下手糞で誤解を与えてしまったみたいですね。
スミマセン。

西部先生との会話で、そのような展開になったのではなくて、K先生との会話でそうなりました。

実は、フォーラムの講演の中で、K先生は、現在日本の社会的病魔は、日本人同士のコミュニケーションの欠落から来ている(お隣の家にどんな人が住んでいるか判らない、判らなくても良いんだ、というというような・・・)
この現象は、ネットという環境も後押ししているのではないか。
だから、我々民族派と自称するものは特に、この欠落した部分の再構築に手をかけなければいけない云々とお話されてことから派生して、直会の場では、今売り出し中の在特会の例を上げてお話をさせて頂いた事を私なりに消化して要約しました。

誤解を与えてしまい申し訳ありません。

在特会は大所帯ですから、ここら辺を蔑ろにすると、
思想破綻・論理破綻した左翼どもと同じ道を辿る様な気がしてならないので、ブログ公表しました。

                       渡邊喜楽 拝


2009/11/30(Mon) 23:11 | URL  | 喜楽@管理人 #-[ 編集]
草の根さま
いつも、ありがとうございます。

会長・桜井誠を目指しているものを、会員自身がちゃんと理解できるかどうかだと思います。
会長の行動の殆どは、計算された上での行動です。
会長が一々会員に教育統率するには余りにも大所帯になった。
だからこそ、傘下の各支部が会長の意図を出来るだけ正確に把握して実際の活動の場に出てくる末端に伝播していく事が大事であると思うのです。

会員其々に個々の思いがあるのでしょうが、会長が在特会のヘッドである以上、会長のどこまで付いていけるかだと思います。思いが違って付いていけなくなったら、自分で自分の思う行動を自らやれば良いと思っています。

ゆるーい繋がりなんぞ、門戸を広げるためのプロパです。
気が付いたら、コミュニケーションです!大事大事!

邁進しましょう!!

                      渡邊喜楽 拝
2009/11/30(Mon) 23:21 | URL  | 喜楽@管理人 #-[ 編集]
No title
桜井氏と言えば、千代氏と健康食品の件で協力している瀬戸氏の盟友でもありますね。貴殿は瀬戸氏は千代氏との健康食品の件も含めて、敵対勢力から袋叩きにされていることをご存知か?千代氏が逮捕されたことについて瀬戸氏は不気味な沈黙を保っていますが、それもまた貴殿が言うところの千代氏が愛してやまない悪魔と関係あるのでしょう。瀬戸氏と対立している連中が、"何故か瀬戸氏だけを避けるように"瀬戸氏周辺の人々と裁判沙汰を起こしています。このことを疑問視しない運動家はいずれ失脚せざるを得ないでしょう。何故なら、敵の工作に無頓着だからです。経済的な諸問題のために、運動は崩壊の憂き目にあります。カネのためにつかなければならないウソがある。カネのために隠さなければならないことがある。誰かが意を決して沈黙を破るとき、その時が来るとすれば、それはもう何もかも手遅れになったときでしょう。誰だって自分がかわいいのですよ。正直者はバカを見るのです。それが世の常。
2009/12/01(Tue) 05:14 | URL  | 匿名 #mQop/nM.[ 編集]
匿名さま
はじめまして、渡邊と申します。
匿名さまの書き込みは、私に対してのレスですよね?
開放しているので書き込みは、自由ですが、礼儀を知らないお人ですね~。 その時点で不愉快です。

瀬戸氏と千代氏 瀬戸氏と桜井氏がどのような関係なのか、私は知りません。 

大体、袋叩きにあっているというのは、ネットの世界ですよね?

せいぜい、妄想を膨らませて楽しんでくださいねっ。
お疲れ様でございます。

                         渡邊喜楽 拝
2009/12/01(Tue) 11:45 | URL  | 喜楽@管理人 #-[ 編集]
No title
 ワタシは渡辺さん達と違い、つい最近まで全然政治には興味は無く、ノーテンキそのもので暮らしてきました。 
 正直言って自分が政治活動に興味を持ち、大通り公園でアジ演説をする日が来るなんて、この半世紀を越える人生で想像した事もありませんでした。
 でもこんな危機的な状況では仕方がありません。

 しかし在特会のメンバーは大体ワタシのような人が多いでしょう。 西部先生のような方から見れば欠点だらけ会ですが、簡単に誰でも入会できるのです。
 逆に言えば普通のノンポリ人間が簡単に参加できる保守系の会など殆ど知られていないのです。

 しかし民主主義は数が勝負です。 選挙は勿論、デモも請願書の送付も数が集まればそれが力になるのです。
 だから西部先生のような方から見れば、馬鹿でもアホでもおだてて誤魔化してでも数を確保して置くことは非常に大切だと思うのです。

 しかし見ていて思うのですが、保守系の団体は驚く程ナイーブです。 小澤一郎や左翼の狡猾さには到底適わないのではないかと非常に不安になります。

 純粋に日本の国体を守りたい方から、単純に民主主義の立場まで意見や立場の違いはあっても、外国人参政権に反対する人は、数千万人いると思います。
 しかし指導者がいないので烏合の衆です。 ワタシ自身何をしたら良いかわかりません。

 本来この人々団結すれば、いかに小澤でもこんな話はおくびにも出せなかったのです。 個人個人の意見の違いを超えて、外国人参政権に反対する人を全て結集して指導してくださる方はいないのでしょうか?
 そのような方の出現を切に希望します。
 
 
2009/12/01(Tue) 18:52 | URL  | よもぎねこ #-[ 編集]
よもぎねこ様
ご返信ありがとうございます。

そうですね。おっしゃっている事は良く判ります。
私もそう思います。なので、いつも、色々なジャンルの者たちが様々な角度から、あらゆる手段を投じて問題を周知徹底し、糾弾する努力をしなければならないと思っております。
だから、在特会のやり方はあれで良いと思っております。
フリーチベット運動が一過性の運動であったことを考えるとやはり、ちゃんと腹の据えられる思想があって、継続できるのかなと思います。
在特会の活動は、会長自身がしっかりと、憂国の情を腹にすえているから、後は、会員が会長を何処まで理解できるかで、今後の運動展開が変化していくと思います。
会長は、腹を決めてくださいよというメッセを発信しています。
真・保守有志の会北海道は、今までに無い求心力を持って、北海道中の保守の結集を呼びかける運動体を構築して行くのが目的です。 これからも、一生懸命に邁進しますので、何卒、宜しくお願いします!!

                      渡邊喜楽 拝
2009/12/01(Tue) 22:20 | URL  | 喜楽@管理人 #-[ 編集]
よもぎねこ様へ 追伸
真・保守のリーダーは、もう、平沼先生、西村先生しかいないでしょうね。 中川先生が居ないから・・・
2009/12/01(Tue) 22:22 | URL  | 喜楽@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり