カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い 2014年06月
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。
動画UPして頂きました! 竹島さんいつもありがとう!

☆動画☆ 6.29【札幌街宣】朝日新聞は「従軍慰安婦」捏造を謝罪せよ

① http://youtu.be/fQwRJHz1hUk 札幌大通公園


② http://youtu.be/nb-2hHwaSEo 札幌大通公園


③ http://youtu.be/gwvxZoWX6iU 札幌大通公園


④ http://youtu.be/uuT6wzEHRHA 朝日新聞北海道支社前




===↓下記は告知文====

【街宣】朝日新聞は「従軍慰安婦」捏造を謝罪せよ

今月20日、政府は「慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯~河野談話作成からアジ­ア女性基金まで~」を発表しました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042168.pdf


1971年に千田夏光が「従軍慰安婦」の語を初めて使用した本を出版し、83年には吉­田清治が朝鮮人強制連行なる捏造本を出版しました。89年にはこの捏造本が韓国で翻訳­出版されました。同年11月には、青柳敦子が韓国で「慰安婦裁判の原告募集」ビラをま­いて裁判を煽りました。
この時点で、女子挺身隊が「従軍慰安婦」であるかのように誤解されていましたが、決定­的になったのは91年8月11日、朝日新聞大阪版で植村隆による「元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く」の記事です。

記事では、金学順さんの名前こそ出していませんが、彼女が女子挺身隊の名前で強制連行­されて従軍慰安婦にされたと報じました。金学順さんは、母親に40円でキーセンに売ら­れたと答えて(訴状に書いてます)いるにも関わらずです。知っていながら、植村隆は事­実を隠蔽して捏造したのです。

この年、朝日新聞は、吉田清治の捏造本を補完するかの様な特集記事を連発し、「従軍慰­安婦」強制連行キャンペーンを行っています。これら一連のプロパガンダにより、宮澤総­理訪韓、加藤官房長官調査結果発表、そして遂にはいわゆる河野談話発表となったのです­。この談話がどれだけ日本の名誉を貶め、不要な争いを招くことになったかは言うまでも­ありません。社のイデオロギーで事実をねじ曲げることなどあってはなりません。

※街宣後、朝日新聞北海道支社に抗議文を投函しに参ります。

【日時】
平成26年6月29日(日)11:30~13:00

【場所】
札幌市中央区大通西3丁目

【主催】
在日特権を許さない市民の会北海道支部

【現場責任者】
加藤祐平(支部長)

【協賛】
俊傑憂憤の集い/そよ風北海道/北海道排害者

【2014/06/30 17:28】 | 未分類
トラックバック(0) |
カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり