カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い 2013年08月
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。
「とある男女の話」

A君とその彼女のBちゃんというのがおった。

このA君というのがいつも昔から「俺はとにかくビックなことをするぜ」と適当な事ばかり言っては働くでもなく、「今日は雨だからメンドい」「気分が乗らねー」などと言い訳してはゴロゴロしたり他の女と遊んだりするような奴だった。そんなA君にゾッコンだったのがBちゃんだ。

ある時、パチンコに負けていつも以上にスッカラカンになって、サラ金にも負われてほとほと参ったA君は、Bちゃんのとこに行っていつもの調子が始まった。
「俺にはお前しかいない。真面目に働いてお前をどこか旅行にでも連れて行ってあげたいんだ。だけど就活に行くにも背広も散髪代も無いし、電車代も無いからなんとかして!」
「本当に?約束してくれる?」
「もちろん!約束する!」
それでまんまと金をせしめたA君は、その足で他の女と飲み歩いてラブホにしけこんだ。

そして数日後、Bちゃんにこんな事を言い始めた。
「この前さぁ、真面目に働いてお前をどっか旅行に連れて行くって言ったじゃん」
「うん」
「でもさぁ、俺がお前だけを旅行に連れて行くと、他の女の子とかが怒るんだよね」
「そうだね」
「だからさぁ、お前を旅行に連れて行くのはやっぱできないし、そのために働いてお金を稼ぐのもマズイと思うんだよね」
「確かにそうね」
「だから俺、また働かねーでパチンコ屋に遊びに行くから金ちょーだい」
「わかった。今日こそ勝ってきてネ!」
そういってA君をパチンコ屋に送り出したBちゃんに、隣に住んでいる近所のオネエさんが注意しました。

「ちょっとアンタねぇ、あんなダメ男なんかとっとと捨てなさいよ!でないとアンタ不幸になるわよ!」
するとBちゃんは、
「何言ってんの!私には彼しかいないのよ!彼の悪口を言うなんてお前にはA君の素晴らしさが分からないバカよ!」と怒りだしたのです。これには近所の人達もホトホト閉口してしまいました。



もちろん、A君とは自民党であり、Bちゃんとはそれをひたすら支持する自称保守ですネ。自民党はいくら裏切っても保守は怒らないで支持してくれると思っているから、重大公約を何回も平然と裏切り、支那朝鮮と浮気するのです。嘘つきには猛然と怒ってビンタの一つでも食らわしましょうね。

金友隆幸 作

【2013/08/07 21:45】 | 未分類
トラックバック(0) |
カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり