カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり 俊傑憂憤の集い
俊傑憂憤の集い集長渡邊喜楽の活動の一端をご紹介します。 また、不定期でグダグダではありますが雑感や自分自身が学んだ事などのメモ代わりとして使って行きます。意味不明なものはスルーしてくださいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<桜井誠 東京都知事前挙の意>

改めて、桜井選対スタッフの皆様、
全国から応援に駆け付けた同士の皆様、
ネット広報に尽力した支持者、撮影者を含めた身内の皆様、お疲れ様でした。

どこまで票を取れるか注目です。

10年後を見据えたネットを中心とした選挙戦がこれからどのように変革していくのかを見る大事な選挙でした。

一つ、確実に言えることは、動員なしで、2000名を超える聴衆者が集まった事(事件)、この聴衆者は、今後一斉に選対側の一員として動き始める可能性があるということです。

なぜなら、見に行ってくださいと動員を掛けられたのではなく、ご自分の意志で来られた人々であったからです。

まずはこの、桜井誠東京都知事選 グランドフィナーレの模様をご覧ください。
<聴衆者側と演者の二元撮影となっております>

【2016/7/30】桜井誠候補秋葉原駅前応援演説【東京都知事選挙】
応援演説① https://youtu.be/NDGBKFEFslM
応援演説② https://youtu.be/eMPbi94ombM
応援演説③ https://youtu.be/qrNJdESbz6s
<桜井誠ファイナル> https://youtu.be/OlG1YGXOQJo



スポンサーサイト


13419005_1057693254306133_9042736040338278418_n_201606190108091a8.jpg

=維新政党 新風 北海道 企画公演=
 新たな軋轢を加速させるヘイトスピーチ対策法の正体

【日時】
平成28年7月9日(土) 
開場17:15 開演17:30 

【場所】
かでる2.7 1060会議室 
(札幌市中央区北2条西7丁目)

【入場料】
1000円(前売券:800円)
※前売券ご希望の場合、住所氏名をお知らせ下さい。
郵送いたします。 j-boy-tk@ezweb.ne.jp

【スペシャルゲスト】
朴信浩氏(映画監督/在日3世)
http://ameblo.jp/actfactorytopix/

【主催】
維新政党 新風 北海道本部

【問合せ】
090-1302-0103 j-boy-tk@ezweb.ne.jp
新風北海道本部事務局 渡邊喜楽

★第一部★17:45-19:05
1.舞台挨拶 朴信浩監督
2.ドキュメント映画 「在日コリアンの未来~真実は眠らない~」ダイジェスト版 上映会

<休憩>

★第二部★19:15-20:30
1.トークディスカッション「在日特権とヘイトスピーチから考える在日コリアンの未来」
2.質疑応答

=出演者予定者=
司会 俊傑憂憤の集い 集長 渡邊喜楽
朴信浩監督 
維新政党 新風 北海道本部 代表 澤田健一
そよ風北海道支部 支部長 高橋阿矢花
日本のため行動する会 幹事 高橋圭史
他、
(会場内から1名抜粋も予定しております)

※定員を超えた場合、入場をお断りする場合があります。
※主催者の意向に著しく反する方は、ご退場いただく場合があります。
※撮影および生中継が入ります、各自対処をお願いします。
=========================
映画『在日コリアンの未来 真実は眠らない』紹介映像(約10分短縮バージョン)
https://youtu.be/6hbbS600Ks0

★朴信浩(パク・シンホ)監督プロフィール★
 ACT FACTORY TOPIX(Tokyo Personalities Mix) 代表
<1963年11月18日生まれ/在日3世> 大阪府出身 近畿大学2部法学部卒業
1988年2月29日 大阪から上京。 以後、ダンス・演劇活動をアルバイトしながら精進する。2000年より映像制作に方向転換 【趣味】語学(英語 韓国語) 【特技】歌・ダンス 【好きな言葉】苦行難行
1989年3月1日-8月31日 東京ディズニーランド(クラシックオンパレード)にパレードダンサーとして出演
1993年10月-1994年1月 オリジナルミュージカル作品「ゆめゆめ闇夢夜、一人芝居ゲルピンを自らプロデュース&主演
1994年9月 古賀大造とTOPIX結成
1996年9月 韓国映画「ヤクザ修業」に村上役で出演 
1996年11月 TOPIX結成 第2作「アラビアの黒い薔薇」を中野「スタジオあくとれ」にてプロデュース&演出
1999年-2000年 初の映像作品「派遣屋日記番外編」をデジタルムービーとして制作、自ら主演、演出、編集
2001年 デジタルムービー第2作「黒の世界 It`s the Black World」を制作、自ら主演・演出・編集
2003年 デジタルムービー第3作「あほんだら~かすぅ」制作、自ら主演・演出・編集、ゆうばり映画祭にエントリー
2005年 崔洋一監督作品「血と骨」祖国防衛隊のメンバー役で出演
2008年「かん天な人」 2010年「てんせいな人」 2013年「TDZ13222」  
2015年「在日コリアンの未来 ~真実は眠らない~」  これらの作品を監督し現在に至る

==========================
【事前情報1】
トークディスカッションでは、「在日特権とヘイトスピーチから考える在日コリアンの未来」になっております。
在日特権というものが存在し、ヘイトスピーチらしきものが存在する、その前提で、日本に生まれ、おそらく日本に永住し、
おそらく子孫も日本で暮らすであろうという観点から、あるべき在日コリアンの未来(姿)を、朴監督と共に議論します。

もちろん、このテーマの中で、なぜ「ヘイトスピーチ対策法」なるものが出来たのかを含めて、取り上げていきたいと思います。
司会者(コーディネーター)としては、「新たな軋轢を呼ぶのではないか」という懸念をパネラーに投げかけたいと思います。

いずれにしても、差別という魔法の言葉に翻弄されて、表面の論理のみ先行し、
自民党から共産党に至る全ての既成政党が、「ヘイトスピーチ問題の根っこは何か」を、
一切黙殺する思考停止状態に風穴をあけるような企画公演になればと思っております。

【事前情報2】
ただいま、北海道新聞の某記者を通じ、いわゆるカウンター勢力の出演を依頼中。

【事前情報3】
北海道新聞の某記者を通じ、いわゆるカウンター勢力の出演を依頼継続中、かなり難航しておるようですが、頑張ってくれております。旭川の楢木野道新記者に依頼しようと思いましが、上層部じゃないと出演は難しいようです。なので、いつか、旭川で上映会をやりたいと思っております。朴監督に余裕があればね♪

【事前情報5】
<残念なお知らせ①>
我々陣営と意見を異にする、いわゆる反対勢力の出演を依頼しておりましたが、最終的には出演者が見つからず(選挙でお忙しい方ばかりだそうで)断念・残念。当日、希望者を募り、トークディスカッションの登壇者を主催者(司会者)の独断偏見で決めます。

<残念なお知らせ②>
当日の生放送は、表現に制限をかけずに、完全フリーなトークディスカッションが展開できるように(失言なども含め)、揚げ足を取られ悪意に利用されないための防御策として、生中継は基本中止と致します。(やるとすれば、第一部のみとします)※後日、動画はUPします。

【直前情報】
オープニング~第1部まで生中継予定です。
↓↓↓おそらくこちらでやるはずです!
http://twitcasting.tv/akas_sanga

※第2部以降の内容は後日、動画での公開となります。


★映画『在日コリアンの未来 真実は眠らない』紹介映像(約10分短縮バージョン)★
https://youtu.be/6hbbS600Ks0



明日は、中川昭一大兄の命日。
その命日に、大兄が願っていた北朝鮮拉致事件の街宣を行ないます。

~拉致被害者全員奪還!毎日、拉致事件を考えよう!~

被害者家族は勿論のこと、一日も早い拉致被害者全員奪還は我々全国民の願いで す。テロ国家北朝鮮の犯罪に立ち向かう為には、国家政府が先導し解決に動かな ければなりません。納得いかない話ではありますが、その為には世論喚起が不可 欠です。未だ解決してない拉致事件を周知します。

【日時】平成27年10月4日(日)
13:00~15:00
【場所】札幌市中央区大通西3丁目

【主催】在日特権を許さない市民の会北海道支部

【現場責任者】加藤祐平

【問い合わせ】zaitokuhokkaidou@gmail.com

https://youtu.be/OtjRYoLDXz4



拉致事件解決のために憲法改正の必要性を訴える街頭宣伝活動 in 旭川
~国内に潜む拉致共謀者を逮捕せよ!不正義の平和より正義の自衛権発動を!~


現行憲法は、我が国が第二次世界大戦の戦勝国に対し、二度と牙を向けさせない為に、弱体化計画の基礎としてGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が主導して作成されたものです。
この憲法を平和憲法と称し、憲法改正は戦後70年間の平和の歩みを壊すものだとして、一度も改正されることなく、日本国民自身が堅持してきました。
しかしながら、この憲法は、GHQ占領下に制定された経緯から、国際法違反であり無効であるという論説も存在します。

はたして、日本はこれまで、本当に平和でだったのでしょうか? 
880名以上もの特定失踪者を含めた北朝鮮による拉致事件が発生し、未だに奪還出来ない事実を思考するとき、我が国が平和であるというには、あまりに無慈悲で暴論であり、憲法9条そのものが国民を拉致被害者にした原因の一つであると言っても過言ではありません。

憲法9条は、自衛隊を国軍と認めず、陸海空その他の戦力を保持せず、国の交戦権を認めないとしています。 日本語の判る者が、真正面から憲法9条を読み取れば、自衛隊は憲法違反です。
ならば、堂々と国民に「憲法違反の自衛隊を解体するか、憲法改正で自衛隊を合憲とするか」を、問うたら良いのです。
自主憲法制定を党是とする自民党でさえも、平和安全法制整備法と国際平和支援法という小手先の対処療法によって、明らかに歪んだ憲法を解釈変更のみで逃避し続けております。
私たちは、自衛隊を国軍と明記した上で、周辺諸国民の公正と信義に信頼出来ない様々な危機に直面している今こそ、憲法改正の必要性を、2日間の日程で、旭川市民の皆様へ訴えます。 どうぞ、ご参集頂きますようお願い致します。


【日時】 平成27年10月24日(土) 14:30~16:30頃迄
            10月25日(日) 12:00~14:00頃迄

【場所】 旭川市役所前広場 (旭川市6条通9丁目)

【主催】 拉致被害者奪還道民共闘委員会

【現場責任者】 渡邊喜楽 

【問合先】(渡邊喜楽)
TEL 090-1302-0103
Eメール j-boy-tk@ezweb.ne.jp

7.5大嫌韓デモ ver5 in 札幌 ご報告

去る7月5日、在日特権を許さない市民の会、前会長桜井誠氏が、新たな枠組みとして発起した「行動する保守運動」主催「大嫌韓デモ ver5 in 札幌」と題し、
札幌市大通公園周辺で開催されました、日韓断交デモの動画が公開されました。

参加人数は、約70名
 
良いお天気に恵まれて、「日韓断交の必要性を訴えるデモ行進」を元気に開催いたしました。


ご参加された方々、応援告知動画を作成してしてくれた同志、
デモを盛り上げてくれた多くのギャラリーの皆様、
我々に反対の奇声を上げに来てくれた朝鮮人の皆様、
動画撮影とUP作業をしてくれたサンガさんを始めとする撮影者・生主の皆様、
全ての皆様へ、「行動する保守運動」桜井誠に代わりまして感謝申し上げます。
アリガトウございました!



↓当日呼び掛け文(告知文)は、コチラ↓
http://www.koudouhosyu.info/hokkaido/scheduler.cgi?mode=view&no=211

やまと新聞編集部ウェブ記者係(ウェブ記者のサンガさんが、撮影&UPして下さいました。)ほぼノーカットです。
https://www.youtube.com/channel/UCXX4KuQoLs2e9aoHIxrxd8Q

サンガさんありがとうございました!

平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ①
https://youtu.be/CQ9zIXpzi9k


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ②
https://youtu.be/az0cYlL9r4Q


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ③
https://youtu.be/0C6MzbmrvxA


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ④
https://youtu.be/XxI_HaBRB0s


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ⑤
https://youtu.be/-NGIv9r1q-w


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ⑥
https://youtu.be/_K9j6Kp5t70


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ⑦
https://youtu.be/YMiJgyZCr5c


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ⑧
https://youtu.be/VYws1P8UweU


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ⑨
https://youtu.be/r8GkgTfqd1k


平成27年7月5日 大嫌韓デモ ver.5 in 札幌 ⑩
https://youtu.be/07twnUpLGQ0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カマグラ、ゼニカル、バイアグラの通販ベストくすり